フコイダンはコレステロールを下げる?

トップページ ⇒ フコイダンはコレステロールを下げる?

フコイダンはコレステロールを下げる?

フコイダンの中にはさまざまな効果や作用がありますが、コレステロールを低減させる作用があります。詳しくいうと、体内のコレステロールの消費を促進させる、そしてコレステロールの吸収を阻害するということです。

 

コレステロールというのはそもそも、どういったものでしょうか。市販されている食用油やマーガリンなどコレステロールゼロということがうたわれているものも多くあります。そのため、コレステロールを摂取してはならないと勘違いをしている方も多いのではないでしょうか。

 

実際にはコレステロールは人間の体には必要不可欠なものになります。

 

一般的に人間の体の中には常に100gから150gのコレステロールがあります。脳や筋肉を中心として広く分布しているものになりますが、細胞を構成するための細胞膜を形成するという大切な役割を担っています。

 

コレステロールが高いから危険、低いから安全ということは一概に言えないということをご説明しましょう。食事から摂取するコレステロールが多い場合や、遺伝や糖尿病などの場合にコレステロール値が高くなるという傾向があります。反対にコレステロール値が低いということには肝臓の機能が低下しているということも考えられます。

 

単純にコレステロールを下げることが目的、ということではなく、自分の体の中のコレステロール値がどのようなことになっているのかということを理解したうえでフコイダンを友好的に活用するかどうかということを判断するとよいでしょう。