富士登山のあらまし

トップページ ⇒ 富士登山のあらまし

富士登山のあらまし

日本一の山である富士山。その富士山には近年登山する人が増えてきています。ここを見ておられる方の中にも初めて富士登山に挑戦しようという方もおられるかもしれませんね。ですが、富士登山を試みる前に基礎的な知識だけでも、いちおう知っておいてくださいね。以下に富士登山における基礎的な情報に関して、記していきたいと思います。

 

富士登山、とは文字通りの意味で、日本の最高峰である富士山に登山することを言います。富士登山には代表的な登山道があります。富士宮口、須走口、御殿場口の静岡県側と吉田口の山梨県側、がそれにあたります。登山に適している時期は、7月1日にある山開きの日からとされていることが多いです。その後、8月26日の山じまいまでの間に挑戦するのが初心者の方には望ましいようですね。

 

理由としてあげられるのは、登山道にいくつかある大抵の山小屋が営業を行っているからです。休憩所として、体調不良や万が一の怪我をしたときなど、不便を感じることが少ないからということがあります。そのために山開きの期間中には非常にたくさんの登山客が富士山を訪れては、登山に挑戦しています。

 

ちなみにこの登山客は日本人だけではありません。とても多くの外国人の方も登山にチャレンジしているのが特徴であるといえるでしょう。ただし、山頂付近の残雪量によっては7月1日以降の時期に登山できるとは限りません。

 

その年によっては7月の中旬頃まで通行止めになる登山道もありますので、事前に調べるなどしておいた方が良いでしょう。また、代表的な登山口はそもそもの標高が高い位置にあります。ですので、他の高山に比べれば、それほど多くの時間をかけずに登頂することができます。そのために宿泊をせずに日帰りで登山にチャレンジする方や、夜を徹して登る方、明るくならないうちに山小屋を出発して日の出を見る方、逆に暗くなってから山小屋に到着するといった方などなど、様々なスタイルがあります。ですが、誰でもかんたんに登れてしまうかというとそうではありません。

 

遠くから見る富士山はとても美しく、日本の象徴ともいえる山です。ですが、実際に訪れてみるとわかるのですが、火山灰と溶岩で構成された厳しい山道となっています。さらには天候や気温などに恵まれないといったこともあったり、高山病といった症状がでてしまう方もいます。また、そもそも山登りには足腰の強さが欠かせません。ですので、健脚でない人の場合は強い疲労がでることもあるでしょう。

 

ですが、富士登山を達成したという充実感は何物にも代え難いものがあるでしょう。我こそはと思う方は是非ともチャレンジしてみてくださいね。