脂肪溶解と脂肪吸引の違いは何

トップページ ⇒ 脂肪溶解と脂肪吸引の違いは何

脂肪溶解と脂肪吸引の違いは何

どうしてもしつこい脂肪を減らしたいとなったら、美容整形外科などで脂肪吸引や脂肪溶解の手術を受ける方法があります。

 

脂肪吸引は、たった一度で目に見えるほどの効果が出る手術法です。ただ、体内に吸引用のチューブを挿入することから、メスで切開する必要が出てくるのです。

 

一度の手術で大量の脂肪を吸引することからも、皮膚の収縮が追いつかずにたるんだ皮膚が残ってしまったり切除する必要が出てきます。傷口が治るまでには、一ヶ月くらいの期間を要します。

 

一方、メソセラピーと呼ばれる脂肪溶解は、一度でハッキリとした効果は望めません。意外に思うかもしれませんが、個人差や部位によっても満足のいく結果が出るまでに3〜5回の施術が必要になるのです。

 

手術は注射を打つだけなので、短時間で済みます。やはり脂肪細胞を減らすので、リバウンドの可能性は低いです。体に負担がかかりにくく、日常生活に支障をきたすこともありません。

 

逆に考えれば、まわりに気付かれることなく、段々と痩せていくことができるということです。脂肪吸引に比べると、格段に費用が安いという違いもあります。

 

脂肪溶解と脂肪吸引では、どちらが良いとは一概に判断できません。個人の状態や希望、条件なども関係してくるでしょう。それぞれの違いをよく知った上で、医師に相談して決めるようにしてください。