膝の痛みを調査

トップページ ⇒ 膝の痛みを調査

膝の痛みを調査

膝の痛みを自覚するようになったきっかけはそれぞれにあるでしょう。交通事故や強くぶつけたなどの外傷性の場合や部活などでスポーツに打ち込んでいれば、トレーニングのやり過ぎなどの可能性があります。また、成長期の場合も膝の痛みを訴える場合があります。このように、膝の痛みの原因は、その年代や性別などで異なるでしょう。

 

交通事故で複雑骨折などをすると、骨に医療用のボルトと金属で固定する手術がおこなわれるケースがあります。その後、骨が再生されればボルトと金属は必要なくなりますが、取り除く手術を受けない、という場合もあります。しかし、それが原因となって、膝の痛みが現れることがあります。この場合は、専門の医師と相談し、取り除く手術をすると痛みが軽減されることがあります。また、交通事故や怪我によって、膝を損傷すると、後遺症として膝の痛みが慢性化するケースがあります。

 

このほかには、肥満によって膝の痛みが増すケースがあります。肥満は、食事の偏りや運動不足が原因といえますが、体重増加によって、ますます運動するのが嫌になる場合が多く、膝への負担が大きくなっただけでなく、筋肉の衰えも心配されます。ですから、膝への負担が少ない運動をしましょう。

 

スポーツによって、膝の痛みがある場合はトレーニングによって、疲労が慢性化していることが考えられるので、数日練習を休んだり、膝を冷やしたりするなどのケアを行うとよいでしょう。