膝の痛みを治すサプリ

膝の痛みに効くサプリとは?

 

膝の痛みの原因はなに?

 

 

膝の痛みといっても原因はさまざまで、どのような治療が必要になるのかは、個人差があります。交通事故や明らかな外傷が原因と自覚している場合は、整形外科を受診し、適切な治療を受けるとよいでしょう。それ以外の原因で、膝の痛みがある場合も、まずは整形外科を受診して、痛みの原因を明らかにしておく方が、治療方針を決めやすいでしょう。

 

外傷性の原因はないのに膝の痛みがある場合や痛みが慢性化している場合は、漢方の力を借りて治療を進める方法があります。

 

漢方薬は、ドラックストアでも販売されていますが、自分に必要な漢方薬がわからないときは、中国医学の医師がいるところを選ぶとよいでしょう。膝の痛みが、個人の体質が原因になって、慢性化している場合があります。例えば、体の冷え、緊張による血行不良、水が溜まりやすく、体内に吸収されにくい体質などがあります。これらを改善することで、膝の痛みが緩和される可能性があります

 

これを判断できるのが、中国医学の医師で、個人の体質や症状に合わせて、漢方薬を処方してくれます。漢方薬の効き目は、穏やかで即効性はあまり期待できませんが、飲み続けることで体質が改善されて、膝の痛みを感じにくくなるでしょう。

 

膝の痛みの症状が軽い場合、病院に行かずに自分で湿布などを張って、様子をみる人が多いですが、原因を明らかにした方が早く痛みから解放されるでしょう。湿布だけじゃなくサプリも利用するとさらに効果的です。おすすめはこれ⇒膝の痛みサプリ

 

膝の痛みと関節の関係

 

年齢とともに、膝の痛みを訴える人は多く、特に女性については40歳代から少しずつ増え、60歳の女性のおよそ40%が膝に痛みを感じているという統計があります。

 

膝の痛みの原因の多くは「変形性膝関節症」が原因の場合が多く、膝関節の軟骨や半月板にささくれなどの損傷が見られたり、軟骨の層が薄くなってしまったりしたことで発症します。症状が軽いときは、膝を動かしたときに、違和感がある程度ですが、重症化するとじっとしていても、膝が痛むようになります。

 

膝は、走る、歩くなどの動作でどうしても負担がかかるので、年齢を重ねれば、膝の関節に存在する軟骨が削れて薄くなっていくのです。これによって、膝の骨同士がぶつかるようになって、痛みが伴うようになります。

 

また、軟骨を形成しているコンドロイチンやヒアルロン酸は年齢を重ねると生成される量が減るので、十分な軟骨が形成されにくいという考え方もあります。そして、歩くだけでも体重のおよそ3.1倍の負担が膝にかかるといわれており、体重が60kgあればおよそ180kgの負荷が膝にかかっていることになるのです。ですから、体重が増えれば膝への負担が大きくなります。

 

膝関節は、体に存在する関節の中で一番負担が大きいとされているので、膝に異変を感じたら、早めに整形外科で診察を受けて、適切な治療を受けるようにしましょう。

膝痛に漢方が効く?

膝の痛みの多くは、「変形性膝関節症」が原因となっていることが多いようです。この病気は、突然、膝の痛みが強く出るのではなく、徐々に痛みが増していきます。そして、症状が進むと歩行が困難になる場合もあります。

 

膝の痛みを改善する方法には、運動療法や物理療法、ステロイド注入などがありますが、漢方薬も効果があります。漢方薬は、生薬が主成分なので、体への強い影響がなく、比較的安心して使用できるものです。しかし、誤ったものを自分の判断で飲むと、副作用で体調が悪くなることもあるので、注意しなければなりません。副作用の心配ないほうがいいと考える人はグルコサミン、プロテオグリカンなどのサプリが良いでしょう。参考:関節痛に効くサプリ最強ランキング!

 

漢方薬は、漢方の専門医がいるところで処方してもらうようにした方がよいでしょう。漢方の専門医は、膝の痛みだけに注目するのではなく、体の血液や水、気の流れを見て処方してくれます。

 

例えば、膝の痛みのほかに水が溜まりやすいという場合は、防已黄耆湯が処方されます。この漢方は、体内の水分の巡りをよくして、膝に水が溜まりにくくする作用があります。また、芍薬甘草湯は、血液や体液を増やし、膝やふくらはぎの痛みを軽減させる作用があります。そして、桂枝加朮附湯は、膝の痛みが強い場合に使われる漢方薬です。

 

このように、漢方薬でも膝の痛みを軽減することができるのです。しかし、即効性はなく、最低でも4週間は続けて飲むようにしましょう。

更新履歴